自然に見せるコツ
2017.05.23

目を瞑る女性まわりの人にウィッグを使っていると絶対わかられたくない人は特に、それほどでもないという人でもある程度、ウィッグは自然に見せたいものです。コスプレならともかく、普段の生活であまりにも不自然なのは誰でも避けたいでしょう。
ウィッグを自然に見せるコツは、逆に言うと、不自然なのはどういう状態かを先に考えるとわかりやすいです。
まず、天然の髪ではなくウィッグだと簡単にわかるのは髪の色です。部分ウィッグで本来の自分の髪とウィッグの色が異なっていたら誰でもおかしいと思うでしょう。部分ウィッグだと色味が自分の髪の色になじむものを選ぶのが大事です。サイトだと同じような色に見えても素材によってテカり加減が人形の毛のように見えてしまうものもあります。
頭からスッポリかぶるフルウィッグだと自分の髪の色との違いは部分ウィッグほど厳しくなくてもいいですが、それでも素材による不自然なテカりは人の髪のようには見えません。色を選ぶのと同時に素材がある程度、人の毛に近く見えるものかをチェックしましょう。また、色は通販サイトだとややマットに見えるものの方が無難です。

ウィッグ自体の色の次にわかりやすいのはツムジの部分です。ツムジの完成度の高いウィッグはかなり自然に見えます。逆にツムジがおかしいとやはり違和感があります。
まず、そもそもツムジがないものは人の髪としておかしいです。ツムジがあっても毛の密度や生え方の流れが規則的すぎると不自然に見えます。人間のツムジは生え方の流れが同一方向に規則的に定まっているものではありません。ツムジの完成度の高いウィッグはここをあえて不規則に毛を植える事により自然に見えるようにしてあります。

ウィッグの色とツムジが自然なものでもボリュームがおかしいとやはり違和感が出てしまいます。これはつけ方やかぶり方に問題のある場合もあります。
フルウィッグだと自分の髪をおさえてウィッグの中に入れないとウィッグが頭から浮いたような状態になってしまう事があります。フルウィッグを装着する時は自分の髪を均一の高さにまとめてからネットをかぶるのが大事です。ネットよりさらに強力なのが水泳帽でしっかりと自分の髪を固定するための裏技です。水泳帽だと締め付けがきつすぎるので基本的には自分の髪のボリュームをネットの中で均一にするように注意しましょう。自分の髪が長い人は三つ編みにまとめるとネットにおさまりやすくなります。

部分ウィッグで自分の髪との境を隠すのにカチューシャを使う方法もあります。元からカチューシャがついているウィッグや、カチューシャ部分が人の毛の三つ編みのようになっているウィッグも販売されています。

▲ ページトップへ