ウィッグを通販で買う際に注意するべきこと
2017.05.23

ロングヘアの女性ウィッグの専門店に来店できれば店頭でお店の人にいろいろ確認できますがウィッグの通販サイトで買う場合は書いてある商品説明を呼んで自分で判断しなければいけません。ウィッグを見る時はついカラーとデザイン、それとお値段にまず目が行きがちですがそれぞれ特性が違うので商品の説明もよく読みましょう。
お値段がお手頃なのはプライスダウンの方向で一つの企業努力がされているわけですが、それ以外の方向に力を入れているものもたくさんあります。
素材も人毛、人工毛以外でも違いがあり、耐熱性や耐久性をアップしているものもあります。逆に言えば耐熱性や耐久性を高めていないものはそこが弱点になっているとも言えます。耐熱性や耐久性を高めていないものに熱は厳禁です。使い方、お手入れの方法に注意しましょう。
また人工毛の中でも素材に違いがあり、品質の高いものはその説明があります。より自然な質感を求めたとか人毛に近いとか。そういう説明がないお手頃なものは色味やテカりが人工素材独特で、ともすると不自然に目立ってしまう可能性もあります。
自然さを求めるのに頭頂部分のツムジの表現に力を入れているものもあります。ツムジはまわりから見てウィッグかそうでないかがわかりやすい場所なのでツムジが自然に表現されているものは、より自然に見え、まわりにウィッグだとわかりにくくなります。
サイズのフィット感に力を入れているものもあります。本体の伸縮性やアジャスターなどでサイズ調整ができるものもあります。自分の頭のサイズに合うかどうかは必ずチェックしておくポイントです。
長い時間ウィッグを使う場合は通気性も問題になります。通気性のよくないウィッグを長い時間装着しているとムレてしまいます。特に体質的に注意しないといけない人などは通気性を高めたウィッグを選ぶのも大事なポイントになります。

なお、ウィッグを通販で買う場合は総合的にまず、そのサイトがどのぐらい信用できるか、店選び、サイト選びというのが大事になります。
実店舗を持っているショップは規模が大きいだろうとわかります。
実店舗のないショップでもウィッグの種類が豊富で商品説明も細かく、実際にお客さんの使うのを想定してのいろいろな説明が多いサイトはお客さんの事を考えていると思えます。
実際のお客さんのレビューを掲載しているサイトもあります。自分では思いつかなかったポイントの実体験などもあり参考になります。
カラーやデザイン以外で自分の求めているもの、いつ、どんな場面で使うつもりなのかをよくイメージして、気になる点は購入前にショップに問い合わせてみるのも一つの方法です。

▲ ページトップへ